協会本部の役割:ビジネス実践会への参加で得られること。

こんにちは。kikoです。

 

先日、ビジネス実践会へ参加してきました。
協会の理事長としてご活躍されているお二方の実践をモデルにしながら
情報を共有することで皆で成長していくという学びの場です。

 

 

今回ご登壇いただいたのは・・・

一般社団法人 スマート男子育成協会 代表理事の
アモーレ 石上 (Fumiyuki Ishigami)さん。

講座を受講することによって、

「どんな未来を手に入れることができるのか」

を分かりやすく、イメージしやすい方法で説明することが大事だと学びました。
どんなに素晴らしい講座であっても
受講したらどんな自分になれるのかを想像できなければ、魅力的にはうつりません。

どんな風になりたいと思っている人に届けたいのか
どんな事に悩んでいて、それを解決したいと思っているのか
受講後にはどう解決して、どんな人になっているのか

それをしっかりとお伝えするための戦略を立て、実践していくことで未来が開けるという事。

日本ランニング ファシリテーター協会 代表理事の
木村 克己 (Katsumi Kimura)さん。

講座を開講するにあたり、体の動きにも感情がこもるのだということを学びました。
これは、すぐにでも会員の皆さんと共有して
開講時の心構えとして実践して頂きたい技術だと感じました。

また、協会を運営するという事が
本部からの一方通行ではなく、コミュニティという形の双方向での応援が
大きな力となり、世界の元気を動かす原動力になるという事。

人が集まるイベントを開催するときには
そのイベントを開催する目的も大切で、そのイベントに参加し満足してもらうことを目指すのではなく
その先に何を描くか、何に繋げるのかという所がポイントになるという事。

 

協会が違っても

理念や活動内容が違っていても、社会に貢献したいという想いは
どの協会も共通している想いなのだと感じます。

それぞれの活動を通して、それぞれが思い描く夢や未来に近づけるためのお手伝いを
するという事が目的なんだと思います。

 

多くの協会の代表理事をされている方々と
同じ学びの場を経験できることは貴重です。

私自身も経験を積んで、会員のもつ技術や想いを全力で守っていきたいと思います。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL