細長い紙(ラインペーパー)を使ってピアス作り。クイリング???

こんにちは。
細長い紙で幸せな時間をつくる専門家:kikoです。

 

美乃花(みのは)の基本は細長い紙を巻くこと。

紙を巻くということ。色々調べてみると・・・
実は、古くから西洋のカルチャーとして楽しまれていたらしい

『クイリング』 (Quilling)
細長い紙を巻いて渦巻き型のモチーフを作り、モチーフ同士を張り合わせて装飾図案を作る手芸。
15世紀-16世紀ごろ、ヨーロッパの修道女が宗教的用具を装飾するために、紙片を巻いてモチーフを作ったのが始まりと言われている。 紙を巻く際に、芯に鳥の羽根(quill)を使用したため、クイリングと呼ばれるようになった。
(Wikipediaより抜粋)

 

美乃花の技術も「クイリング」として楽しむこともできるかも

たくさんの応用ができそうですね.

ワクワク楽しみが増えます♪

本日は、基本のきー

とにかく巻くことと「色」を楽しむことがテーマ。

気になる色を選んでもらい、指定サイズのパーツをつくります。

細かい作業のように思いますが、とっても単純なのでおしゃべりしながら作ることができます

私は作業をしていると集中してしまって会話どころじゃなくなってしまいがちなのですが・・・

このプログラムなら大丈夫。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(Lさんの作品)

初めての生徒さんも

「わ~っ」

「すごい簡単で楽しい~っ!」

「可愛いっ」

連発してくれました!

レッスンの様子、写真撮り忘れちゃいました・・・(*´з`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(Cさんの作品)

 

次月のレッスン。お楽しみに

インスタグラムにもちょこちょこ載せているので
お時間のある方は遊びに来てくださいね。

 

 

 

*KIKOnoIROニュースレター 登録フォーム*
お役立ちレシピやコラム、更新情報等をお届けしています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL